マグロのづけ・CORCOR風

南大東島は歴史を紐解くと、八丈島からの移民の島。
それゆえ、江戸の文化があちらこちらに残されています。

そんな中、食に残された江戸のテイストといえば、大東寿司に使われる「づけ」。

「づけ」とは、一般的にしょうゆ・みりん・日本酒にお刺身を漬けていただくもので、
『づけ』にしたものはそのまま酒の肴にしたり、
またあつあつのごはんに乗せて丼ものにしたり。

ちなみに、『づけ』といえばマグロがポピュラーですが、
南大東島ではさわらなどを「づけ」にして、にぎりずしのネタにしています。
これを『大東寿司といってお店ではもちろん、家庭でもよく食べられています。

今回はこれをアレンジして、日本酒のかわりにCORCORを使ってみました。


CORCOR風マグロづけ


CORCORは煮切る必要はありません。 そのまま、『づけ』の材料の中に。

魚臭さがなくなると同時に、おいしい香りに変身!

不思議と切り身にしっとり感がでました。

『づけ』というと日本酒の肴のイメージがありますが、CORCORで作ると別物。
洋酒によく合う一品となりました。

是非、お試し下さい。

〈材料〉

・ マグロ刺身 150〜200g

〈づけの材料として〉

・ しょうゆ 50cc
・ 煮きりみりん 50cc (みりんを半分になるくらい煮詰めたもの)
・ ラム酒 大さじ1

〈作り方〉

1) まぐろは1cmの厚みに切る。
2) づけの調味料をあわせ、1を30分〜1時間ほどつけておく。
3) 野菜などを添え、2を盛り付ける。

〈ポイント〉

*冷蔵庫で1〜2日保存可

CORCOR風マグロづけ

料理・スタイリング 薬袋きぬ子 / 撮影・江田孝弘

2006年4月12日